2006年09月26日

肩パット大魔神

なんだか空気は冷たく乾いてきて。
1ヶ月くらい治らない咳に
結核じゃないのかしらん
そんな不安を胸に隠したり。

秋になっちゃった

なんて。ぼんやりしながら
電車を待っていたら。

肩パット大魔神が、そこにいました。

何故なのか。どうしてそうなってしまったのか。
肩におとなしく収まっているはずの
肩パットがめくれ上がって。

首に、巻きついていた。

まるでホラー。
人間エリマキトカゲ。

キャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と。叫び出したい気持ちをぐっと堪え。
改めて、観察し直す学生最後の秋。

私の鉄をも溶かしそうな熱い視線を感じてか。
彼女は無表情にサッと肩パットを直して。
何事もなかったように、電車に乗り込んでいきました。
颯爽と。

これって、大したことじゃないのかしら。
そんな風に。自分を疑ってみたり。
…写真、撮っとけばよかったな。
posted by nepmoi at 00:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 色気ムンムン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。