2006年07月28日

ようこそ『Bar 涙色』

ここは、閑静な住宅街。
名も知らぬ小道に、『Bar 涙色』はあると言われています。
地図にも出てない小さな店に
いつも誰かがやってくる。

心の底に、涙を溜めて。

お客様の涙を癒すのが、マスター鈴木。
涙色のカクテルが評判です。

カラン

今夜も、お客様がやってきたようです。

鈴木「いらっしゃい」
「マスター、いつもの」
鈴「めずらしいね、ここにくるなんて。」
「うん…ちょっと。あってね」
鈴「じゃあ、今日のカクテルは紫色にしとくよ。どうぞ」
「…綺麗な色。マスター、聞いてくれる?」

私、今日も、テストがあったの。
私の学校はね、講義の内容が闇で売買されてるんだけど
それを買えば単位も取れる、って評判で。

私?もちろん買ってるわよ。
やっぱり単位って欲しいじゃない。

今日のテストは持ち込み自由だったし。
単位もらった!
なんて。喜んでたのよ、私。
テスト30分前までは。

教室でね、友達に会ったんだ。
今日、余裕だよね。
って言ったら。

「でもこの講義、闇でも売ってなかったやんね」

って。友達が言ったの。

「え?!私、持ってるけど?買ったけど?!」

正直、びっくりしたわよ。

「それ・・・・学部が違うヤツやで。内容もちゃうねん」

目の前が。
暗くなりました。

確かに私が持ってる最終講義のレジュメとは内容が違ったけど。
私の学部はチンギスハン。
持ってる講義内容は、源頼朝。
国が違ったけど。
最終講義で突然中国の歴史になったと思ってたのに。

持ち込みは、自由だけど。
教科書は元々なかったから。何も用意していなかったんだ。
手元にあるのは、意味ない資料だけ。

お家に、帰りたい。

何度そう思ったか。
しかも問題はね、2問あったんだけど1つ選択して答えろ、だって。
鎌倉時代の宗教か、徳政令について。選べるんだってさ。
1問100点よ?
いい度胸してるじゃない。

もちろん、どっちも答えられなかったわ。

だからね、先生に手紙を書いたの。
ミスを犯して範囲を間違えたからわかりません、て。
代わりに聖徳太子について熱く語っといたわ。
情状酌量って、あるのかな。

…泣いても、いい?

鈴「人生、長く生きてりゃ色々あるさ。単位1つぐらい。いいじゃない」
「ありがとう。でも…ね」
鈴「どうした」
「それだけじゃないのよ」

2年前…だったかな。
登録していた講義があったんだけどね。
同じ名前で時間が違うのが3つくらいあったんだ。

自分が登録した講義を最初から勘違いしてたみたいで、さ。
ずーっと違うクラスにでてたんだ。私。
もちろん、テストも勘違いしてて。

間違いに気づいたときには。
自分のクラスのテストが2日前に終わってたみたい。

ばかみたいよね、私。
テスト受けもせず、落ちちゃうなんて。

なんていうか。
テストには、魔物が住んでるでしょ?
ほら、それに
2度あることは、3度ある。っていうじゃない。
今から怖いのよ。

私、怖いの。

鈴「泣きたいだけ、泣けばいいさ。今夜はもう、店は閉めとくよ」

カラン

『Bar 涙色』
今夜は閉店です。
【関連する記事】
posted by nepmoi at 21:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 嘘だといって | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も似たような経験、あるよ。
今度Barの場所教えてよね(笑)
Posted by 木下 at 2006年07月28日 22:44
カラン

ちょっと失礼するよ。
…こういうものです。
闇売買の件で、、ご足労願いたいんだが…

まぁ、カツ丼でもとるか。

故郷のおっかさんはなぁ…
Posted by TEPPEI at 2006年07月28日 22:55
一人芝居加減が素敵ね。

私も今日、テストを無視して昼間っからひとりカフェでワインを飲んでたわ。

人生そんなこともあるわよ。
Posted by カナ at 2006年07月28日 22:57
ねえマスター。
私も一度さっき帰っていった子と同じような経験をしたわ。
同じ名前の科目だけど違う時間で受けてしまったの。
私もその時さっきの子と同じように手紙を書いたわ。
「時間を間違えました。でも、一生懸命勉強したので、その力をどうしても試したくて受けました。」って。今思い返すとほんと恥ずかしいわ。ふふふ。
結果?
F。不合格よ。そっかーこんなもんかー。そう思ったわ。

キノシタさんへ。
 デジカメでお顔拝見しました。
 是非お友達になりたいです。
Posted by いじりん at 2006年07月28日 23:02
マスター。
あたしにも一杯お願い。
そうね、紫よりディープにしてちょうだい。
えっ?!
そうそう。
あたしもテストだったのよ。
しかも、実技ね。
練習より下手なんて泣けないわ。
今夜は悔しくて眠れない。
マスター朝まで付き合ってくれる?
Posted by mai at 2006年07月28日 23:27
そうよね、世の中のからくりってホントに不思議。。
でもこれから長い人生で、サヤカには鎌倉時代の知識なんて必要ないわ。

そうそう、私お店出したの!!
「Bar ハイテンション」
ぜひ一度いらしてね♡
Posted by みはちゃん at 2006年07月29日 00:13
●木下さん
伝えておきます。
彼女きっと、喜びますよ。
場所はあとでこっそり教えます。
私はいつでも涙色におりますから。

●TEPPEIさん
お客様はもうお帰りになられました。
失礼ですが、人違いでは?
でもカツ丼とってくださるならいい情報、ありますよ。

●カナさん
ノンノン。
彼女は紆余曲折を経てやっとテストを受けれたようですよ。
それだけにショックも大きかったようです。
ただ、過信はいけませんね。

●いじりんさん
おやおや。貴女にもそんな時代があったのですね。
結果はFでしたか…彼女には伝えないでおきますね。
そして新たなコミュニティーが涙色から。素晴らしい。常連さんには感謝しております。

●maiさん
貴女の悩みも溶かしてしまう濃紺のカクテルはいかがでしょう。
もちろん、お店は閉めてお待ちしております
なんでしたら頭もお貸しします。
『アンタ、生意気なのよ!ちょっと頭貸しな』
合言葉はこれでございます。

●みはちゃんさん
彼女に、そう伝えておきます。
鎌倉は確かに必要なさそうですよね。
みはちゃんさんも開店ですか。おめでとうございます!
ぴったりですな。仕事が終わったら、伺います。
Posted by マスター鈴木 at 2006年07月29日 00:51
あたしにも・・・Bar涙色の住所教えてほしい・・・・


「涙は悲しみを溶かしてくれるもの」
誰かがそう歌っていたわ・・・・・。

悲しみ濃度の高い涙とともに、グッバイ単位☆


高校んときの国語教師が大学の数学の試験でおいしいカレ―の作り方を書いて単位もらったらしいよ。

望みを捨てずにがんばりましょう・・・。


もうマスタ―のところに行かなくてすむように
Posted by しおっちゃん at 2006年07月30日 00:55
●しおっちゃんさん
涙色は貴女のそばにいつでもあります。
おいしいカレーの作り方ですか…
聖徳太子の歴史観ではやっぱりだめですかねぇ。
涙色でいつでもお待ちしています。
Posted by マスター鈴木 at 2006年07月30日 20:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21560878

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。