2006年08月16日

昼下がり

??τ.jpg

ギラギラと暴力的な太陽の下
走らせる自転車で
生暖かい風を感じる昼下がり。

何となく横を見ながら走っていたら
血溜まりに、頭を抱えうずくまる男。

えぇー

手の間からも、滴り落ちている真っ赤な液体。

大丈夫ですか?

そう言おうと思っても。
漕ぐ足は止まらず
気が付いたら50メートルほど通り過ぎていました。
もしも声をかけて抗争に巻き込まれたらどうしよう
とか。
ドッキリだったらどうしよう
とか。

小さな言い訳で頭いっぱい満たし。
大きな偽善でだいじょぶかなあ。なんて
自分のために振り返ったときには。

心配そうな顔で彼に歩み寄る男性が。

よかった。
誰かが助けてくれて。

そう、心から思ったいらやしい自分にご対面。
人にやさしく、なんて教えられていたけれど。
そんな場面に怖気づき。
ナイチンゲールには一生なれないことに
気がつきました。
posted by nepmoi at 23:40| Comment(3) | TrackBack(1) | 小人の仕業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あなたほんとに珍しい場面に遭遇するわね。
でもさやちゃんの気持ちわかるわぁ。
あたしもきっと同じ行動をとるわ。
怖いもんね。。。
Posted by ちえ at 2006年08月17日 00:10
そんな事件に…ある意味レ、レア?
私はTVドラマの手術シーンもダメだし、何より病院が大の苦手。。
ナイチンゲールなんてかすりもしない。

Posted by tomomi at 2006年08月19日 00:47
●ちえ
びっくりしたよーほんと。
たぶんちゃんと前見てないから色々気になっちゃう。
もう近寄れないわ〜

●tomomi
確かに血を流してる人は初めてみたわぁ。。
手術シーンとかは意外と平気かも♪
人体の不思議展も大丈夫だった!
Posted by 人妻の娘 at 2006年08月19日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22432007

この記事へのトラックバック

arbeit zu hause medizinische geb?renzahlung
Excerpt: <a href="http://uber-sirius.owasref.info/">?er sirius</a> <a href="http://benutzte-autos-fur-verkauf-im-kansas-city-bereich.owasref.info/">benutzte autos f? verkauf im kansas city bereich</a> <a href="http://aufsatzbrucke-hotel.owasref.info/">aufsatzbr?ke hotel</a> <a href="http://berlintickets.owasref.info/">berlintickets</a> ..
Weblog: arbeit zu hause medizinische geb?renzahlung
Tracked: 2006-08-22 06:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。