2006年12月22日

アンタクサイヨ

まさか!

私、地下鉄を降りたんです。
午後5時のこと。
それは、寒い夕暮れ時。

家路へと急ぐ人々で込み合っておりました。

私もいそいそと、家へ向かっていたそのとき。
私の斜め後ろには男女が、1人づつ。

女「うわっ!あんた臭いわ!」
私(なんてストレートな!尊敬するぜ)
男「(狼狽しながら)え、なんでやろ。キツい煙草吸ったからかな」
女「ちゃうわ。いや、ようわからんけどほんまに臭い!」
男「ひどいやん」
女「いやほんまに臭いねんて!1m以上離れてや」
男「え、なんでやろ(オロオロ)」
女「焦げ臭い!」
男・私「焦げ臭いって!」
女「イジメやな。これ」

ここまでストレートに言える
彼女のようになりたいものですね。

心が温まった冬の1日でした。
posted by nepmoi at 18:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄道マニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つい最近のこと、
職場の近くにあるユニクロでの出来事
年の瀬の12月というのに
店内にタンクトップ姿の兄ちゃんが一人、
オイオイ季節感ゼロやな!と思い、横をすれ違いざまに
俺「??? アンタ臭いよ!!」 なにやらスッパイオイニーが彼が歩いた道筋に
季節感ゼロな上に回りの人に対する配慮もゼロなアンニャローでした。
Posted by タカビー近藤 at 2006年12月23日 14:21
●タカビー近藤さん
なんちゅう恐ろしい事件!!
季節感がないだけでも恐ろしいのにそこからすっぱさプラスとは
恐怖のどん底ですね↓↓
Posted by 人妻の娘 at 2006年12月26日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30060871

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。