2006年08月28日

胡麻を擂る男

行きと帰りで、1時間。

本を読む時間が確保できてから
次は何を読もうかな、なんて。
わくわくしながら本屋に向かう午後7時。

さらっと通ったデパ地下では
男が胡麻を擂っていました。

実演販売なんて、よくあるお話。
だけど胡麻なんて。
しかも彼が売っていたのは、胡麻ペースト。
すり鉢で、ペーストになるまで擂るつもりだったのかしらん。
彼ったら。

恐ろしいほどの暇が、1人のチャレンジャーを生んだ。
たぶん。

そんなところをすり抜け本屋に向かい、
帰宅した部屋に灯っていたのは留守電の明かりが。

メッセージは、1件です。

流れ出したのは、保留音。
言葉もなく。
間の抜けたメヌエットが、スピーカーから流れる。

プー、プー、プー、プー

狐につままれたような。
そんな夜があってもいいじゃない。
タイムラグのイタズラは
きっと、小人の仕業。
posted by nepmoi at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 小人の仕業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

昼下がり

??τ.jpg

ギラギラと暴力的な太陽の下
走らせる自転車で
生暖かい風を感じる昼下がり。

何となく横を見ながら走っていたら
血溜まりに、頭を抱えうずくまる男。

えぇー

手の間からも、滴り落ちている真っ赤な液体。

大丈夫ですか?

そう言おうと思っても。
漕ぐ足は止まらず
気が付いたら50メートルほど通り過ぎていました。
もしも声をかけて抗争に巻き込まれたらどうしよう
とか。
ドッキリだったらどうしよう
とか。

小さな言い訳で頭いっぱい満たし。
大きな偽善でだいじょぶかなあ。なんて
自分のために振り返ったときには。

心配そうな顔で彼に歩み寄る男性が。

よかった。
誰かが助けてくれて。

そう、心から思ったいらやしい自分にご対面。
人にやさしく、なんて教えられていたけれど。
そんな場面に怖気づき。
ナイチンゲールには一生なれないことに
気がつきました。
posted by nepmoi at 23:40| Comment(3) | TrackBack(1) | 小人の仕業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

あなたじゃだめなの

そう、今日はぷちジャーニー。
スーツに身を固め。
駅のホームにて、待つ新幹線。

ちょっと寒いわ。

そう。思った私。
お茶でも買おう。
自販機に向かい、入れたお金。

お茶のボタンは右の端。
伸ばした右腕。

ボタンに手が触れるか触れないか。
その瞬間。

ピ。ガコーン。

小人チョイス.bmp

落ちてきたのは、缶コーヒー。

触ってないのに。
お茶がよかったのに。

これもたぶん、小人の仕業。
お汁粉出なかっただけ、よかった。
posted by nepmoi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 小人の仕業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

日本が嫉妬する、ジャパン

Japan2006.jpg

ボールペン。
何回発注しても、直ぐになくなるのは。

小人が集めているから。

そんな。心温まる、お話を。
今日。教えてもらいました。

一つ解けた、謎。

真実ではない日本は。
マグカップの中にありました。
やってしまったミスは。心に重く。
散漫な、注意力。

気をつけようと、胸に誓い。
踏みしめる大地は冷たく。
明日からも、たぶん。
荒波に揉まれていくのでしょう。

キャべジン1ケース、発注で。
posted by nepmoi at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 小人の仕業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。